2020年5月25日月曜日

企画展「教誨師」の活動

待ちに待った開館です。博物館開館以来、こんなに長く博物館を休館してたことはなく
本来ならば、4月29日からご覧頂くはずの企画展でしたが、やっと皆様に今企画展「教誨師の活動」展をご紹介できます。教誨とは、教え諭すという意味であり、日本の刑務所で受刑者に対して道徳心、道義心の育成を目的とした教育を行うことです。その教育を施す人を教誨師といいます。教誨師は現在ボランテイアで受刑者に教誨を施されています。主に宗教家の先生たちです。では、その教誨の起源はいつから始まり、どのような変遷を辿って現在の状態になったのかを文献や写真とともに紹介いたします。ぜひ、ご来館の際は歴史館1階の企画展コーナーでご覧ください。

2020年5月24日日曜日

博物館網走監獄は5月25日より開館します。

博物館網走監獄は、北海道からの新型コロナウイルス蔓延防止対策としての休業要請により4月18日より臨時休館を続けていましたが、5月22日、北海道より休業要請の一部緩和が発表となり、北海道内のすべての博物館美術館図書館は5月25日を以て休業要請が解除となりました。
博物館網走監獄は、5月25日より開館を再開いたします。
今後は、新型コロナウイルス蔓延防止対策として、以下の取り組みを行います。
  1. 入館時にはマスクの着用をお願いいたします。また職員もマスクを着用し業務を行います。受付等一部の業務は、相互の感染予防のためゴム手袋を着用する場合があります。
  2. 見学中はマスクの着用に加え、咳エチケットにご協力ください。
  3. 熱や倦怠感、息苦しさ、味覚・嗅覚の異常などの症状がある場合は入館をお控えください。
  4. 館内各所に手指用消毒液を設置しております。ご利用ください。
  5. 館内及び展示建造物ご見学の際には、他のお客様との間に十分な距離をとっていただくとともに、混雑時は譲り合ってのご見学・ご協力をお願いいたします。

なお、他のお客様に著しく不安を与えるような言動・行為が確認された場合は、入館・見学をお断りさせていただきます。

併せて館内展示におきましては、

  1. ハンズオン展示(囚人服着用体験、足枷体験等)を使用中止、撤去しています。
  2. 映像展示(歴史館「赫い囚徒の森」、庁舎「天国は語る」等)は、三密な状態にならないよう映像視聴位置の椅子の数、またフットマークを設置しています。
  3. 館内ガイドツアーは、休止しています。

財団直営の『ミュージアムショップ』『監獄食堂』は、以下の通りの対策を行っています。

  1. カウンター部分には、ビニールカーテン、アクリルシールドを設置しています。
  2. 監獄食堂席数は、混雑状態を避けるため通常の二分の一、30席に減少しています。
  3. 庁舎ミュージアムショップ併設の休憩コーナーも席数を減少しています。

全てのお客様が安心して館内をご見学いただけるよう、上記内容にご理解とご協力をお願いいたします。

The Museum Abashiri Prison will open again from May 25th.


We will take the following measures to prevent the spread of COVID-19.
  1. Please wear a mask when entering the museum. Museum staff also wear masks to carry out their work. Some operations such as reception may wear rubber gloves to prevent infection.
  2. During the tour, please wear a mask and cooperate with cough etiquette.
  3. If you have any symptoms such as fever, malaise, dyspnea, or abnormal taste or smell, please quit the admission.
  4. Hand sanitizers are installed in various places in the building. Please use it.
  5. When observing the building and exhibition structures, please keep a sufficient distance from other customers and, when it is crowded, please make concessions to view and cooperate.
Please note that if any behavior or behavior that causes significant anxiety to other customers is confirmed, we will refuse to enter or visit the facility.

In addition, in the exhibition,
  1. We have stopped using the hands-on exhibits (experience of wearing prisoners' clothes, experience of attaching weights to legs, etc.) and have removed them.
  2. In the video exhibitions (History Museum "Forests where men in red prisoners' clothes were there", Government building "Prison chief talks about history", etc.), the number of chairs at the video viewing position was reduced and the foot mark Is installed.
  3. The museum guided tour is suspended to prevent infection.
The "Museum Shop" and "Prison Restaurant" are taking the following measures.
  1. Nylon curtain and acrylic shield are installed on the counter.
  2. The number of seats in the prison cafeteria has been reduced to half, which is the usual 30 seats, to avoid congestion.
  3. The number of seats is also decreasing at the rest area of ​​the Government Building Museum Shop.
We kindly ask for your understanding and cooperation so that all customers can visit Museum Abashiri Prison with peace of mind.

2020年5月18日月曜日

大掃除

「体感シアター」

臨時休館から30日目を迎えました。今日は歴史館展示のメインである「赫い囚徒の森」
体感シアターの大掃除をしました。体感シアターとは、130年前の網走監獄による中央道路開削工事の様子を7分間で上映しているシアターですが、このシアターは強化ガラスのステージに3面紗幕のワイドスクリーン、立体造形物を配置しプロジェクターで投影する内容でまさに見学者に体感していただくものです。開館時は人気のシアターで常に来館者で賑わっているコーナです。休館中や閉館後の夜間しか掃除ができないことが悩みでしたが、久しぶりに紗幕の埃を払い、ガラスを拭き、人形など掃除機をかけました。綺麗になった体感シアター。館内の展示棟全て、大掃除しましたので歴史を重ねた文化財ですが、衛生的な館内で安心してご見学いただけます。開館した際は、ぜひご来館していただきたいと願いつつ、毎日準備を進めています。